番外地

スポンサーサイト                 

一定期間更新がないため広告を表示しています

: - : - : - : posted by スポンサードリンク :
夏海と座木 ss-2                 

『メープルリーフパンケーキ』 
 

「見たら回せって」

 座木さんが渡してきたのは、来月の講習会に参加するかどうかの回覧だった。

「はーい。名前、ふりがな、生年月日っと」

 話があった時から参加を決めていたオレは、手近にあったペンで記入した。

「座木さんって、安芸文(アキフミ)なのに6月生まれなんですか?」

 先に書いてあった文字を見て、思ったことを口にした。

「俺のアキの字は季節じゃなくて、広島の安芸と同じなんだよ。そういうお前は夏海(ナツウミ)だから、8月か?」

 回覧板を取り返した座木さんは、オレの生年月日を見て吹いた。失礼な人だ。

11月って、冬の入口だろ」

「いいじゃないですか、オレは気に入ってるんだから」

 再度取り返して、机に置いた。

「思い出した。ねぇねぇ座木さん、メープルリーフパンケーキって知ってます?」

「知らねぇ」

「即答だし。ツイターで見たんだけど、外国の人がもみじ饅頭のことをメープルリーフパンケーキって呼んでたんだって。すげぇ納得した」

「……それで?」

「いや、安芸文って名前見たら思い出したから」

「……。」

「わー!!なに人が書いた申し込み消してんですか?!」

 手近にあったシャープペンで書いたのが間違いだった。まさか高速消しゴムかけで消されることになるなんて、思ってもいなかった。

 

 くそぉ、と言いながら書き直し、次の人の机に回覧板を回した途端、携帯にメールが入った。

「もみじ饅頭通販申し込み確認メール?!」

「お前の名前で、着払いにしといてやったから」

 座木さんが、ニヤニヤしながらオレを見た。

 くそぉ、絶対食わせてやらないからなー。


【恋のしっぽは右まわり(仮)】スピンオフss

2015.10.19

: original : - : - : posted by あもう灯留 :
スポンサーサイト                 
: - : - : - : posted by スポンサードリンク :
<< NEW : TOP : OLD>>